-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-13 08:00 | カテゴリ:ゴミ
ジャンル:ライフ テーマ:環境に優しい暮らし
以前の日記(タイトル:STOP郵便物)で、
環境に配慮して不要な郵便物は中止してもらおう
という内容の記事を書きました。

また同じ電話会社から郵便物が届いたので
今度は返送することにしました。
この方法は結構使えるのでご紹介いたします。

情報提供を中止しても、間に委託業者が絡んでいる場合
情報提供が止まらないケースがあります。
大元の会社と委託業者で、顧客データベースが
上手く共有できていなんですね。
今回のケースは委託業者が絡んでおり
差出人の会社名と住所は書かれていましたが
電話番号の記載はありませんでした。

4~5ヶ月前に電話会社へは苗字の変更で、
情報変更依頼をその会社に届け出ているにも関わらず
ずーっと以前の情報で届きました。
P1030732_convert_20080412135535.jpg

写真の赤で囲っている部分は
「受取拒否:差出人へ返送お願いします」
と書いて、自分の印鑑を押す。
知らない人の郵便物が届いた場合は
「該当者なし」と書いて下さい。


青で囲っている部分は、
何かコメントがあれば書いて同封します。
私の場合は、大きな封筒に紙ペラ1枚とは
いかがなもんでしょう?という内容で
環境への配慮をアピールしてみました。

あとは切手を貼らずにそのまま郵便ポストへ投函でOKです。
印鑑を押すのを忘れないでくださいね。

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。