-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-24 12:34 | カテゴリ:ECO&健康
ジャンル:ライフ テーマ:環境に優しい暮らし
昨日の記事で、アロマ(精油)を使った手作りの歯磨き粉
について書きましたが、少し補足しておきます。

アロマ(精油)は光に弱いため、
アロマ(精油)を使った手作りの歯磨き粉や化粧水などは
大量に作り置きはしないでください。
できるだけ1週間以内に使いきれる量を作ってください。

安価なアロマ(精油)は、
合成オイルやフレグランス用の可能性大です。
皮膚に触れるものは、
必ず100%天然のアロマ(精油)を使用してください。

アロマ(精油)の中には、妊娠中や高血圧、低血圧、
てんかんの人、生理中などには
使えないアロマ(精油)があります。

◆妊娠中は使えない精油
・クラリセージ
・シナモン
・シダーウッド
・スペアミント
・ペパーミント
・レモングラス   など


◆妊娠初期は使えない精油
・イランイラン
・カモミールローマン
・カモミールジャーマン
・サイプレス
・ゼラニウム   など


◆授乳中は使えない精油
・シダーウッド
・スペアミント
・セージ
・フェンネル   など


◆生理中は使えない精油
・シナモン
・ジュニパー   など


◆高血圧の人が使えない精油
・セージ
・ローズマリー   など


◆低血圧の人が使えない精油
・イランイラン
・スイートマージョラム   など


◆てんかんの人が使えない精油
・ローズマリー
・セージ
・バジル   など


ここには代表的な精油を記しておきました。
それ以外にも注意が必要な精油がたくさんありますので
ご使用前には本などで調べて下さい。

こういう本が家にあると便利です。
アロマテラピー図解事典


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。