-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-18 00:00 | カテゴリ:ECO&健康
ジャンル:ライフ テーマ:環境に優しい暮らし
こないだバド仲間の男の子に、
「エコmisaさんはマイ箸使ってるみたいだけど
割り箸って使わないと
逆に環境に良くないって聞いたけど~・・・」と言われました。

確かに使わないといけない木もあります。
木を切ってそして育てることでCO2を吸って
酸素を出してという流れが循環するのです。
木を切ってそのまま廃材になるよりは
国産の割り箸なら使ってもいいと思います。

以前当ブログでもご紹介したことがありますが、
日本で流通している割り箸の98%~99%は中国産です。
人件費が安いところで作らせば、安く卸せるということです。
でも、それでは日本で使わないといけない木は
いつまでたっても売れません。
中国産がいけないと言っているわけではありません。
自分の国の木をそっちのけで、
CO2を多く出してまで、中国産の割り箸を使っている
日本がいけないのです。
もっと国産の木を使うべきです。

話が長くなりましたが、そんなこんなで木製を求め
木製のまな板を探しました。
伐採された間伐材を使ってモノづくりを行っている
土佐龍さんのまな板です。
次買うときは絶対国産の木製と思っていたので、
いい商品にめぐりあえました。



キッチンを少しでも広く使いたかったので
使いやすさ、洗いやすさを考えて小さい方を購入しました。
しかもスタンドつきで賢いまな板です。



これでお料理がもっと楽しくなるぞ~!!
届くのが楽しみです。

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。