-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-26 15:34 | カテゴリ:環境問題
ジャンル:ライフ テーマ:日々のできごと
先日、バイト先のオーナーからあるチラシをいただきました。
P1060705_convert_20090626145109.jpg

八丈島は東京から南に約300km離れた伊豆諸島の島で、
キレイな水や緑に恵まれた美しい島です。
ァタシは、八丈島に行ったことはないのですが
現在知り合いが住んでいて、
何度か写真を見せてもらっていて、
ホントに自然がいっぱいの美しい島なんです。

そんな美しい島に、
ごみの最終処分場を作ろうとしているという内容が
そのチラシに書かれていました。
島民の約半数が反対の声を上げたのに、
その声を完全に無視しているんだそうです。
読めば読むほど「えーーー!?」の連続。
同じ規模の処分場に比べ、11ヶ月も建設予定期間が長く
そのうち6ヶ月は伐採期間なので、
いかに多くの木々が伐採されるか想像できます。
そこに住む鳥やその他の生き物たちはどうなるのでしょう。

お時間ある方は↓リンクに飛んでみてくださいね。
ァタシも署名して発送します。
八丈島の緑と水を守って下さい2
トップページはこちら


これだけ人間が増えて、なんでもかんでも使い捨ての
贅沢な暮らしになってゴミが増えているのだから、
どこかにゴミを処理する場所が必要なのかもしれません・・・。
でも、ゴミをなるべく出さない生活をもっともっと考えるべき。
じゃないと永遠にゴミは増え続け、
ゴミの処分場も増え続けるでしょう。
ゴミと思っている物、それは使い方によっては
ゴミではなくなりますよね、きっと☆


最後まで読んでくれてありがとうございました。


スポンサーサイト
2009-02-23 00:00 | カテゴリ:環境問題
ジャンル:ライフ テーマ:地球温暖化・地球問題について考えよう。
先週、六ヶ所村で起こっている環境問題について、
田中優さんの講演会を撮影したDVDを
知り合いから借りて見ました。
3時間を越えるものですごくdeepなお話でした。
田中優さんについてWikipediaはコチラ

このお話を聞くまで、六ヶ所村で何が起こっているのか
全然知りませんでした。
ここからはァタシのように全然知識のない方に分かるように
かな~りハショって書きますのでご了承下さい。

原子力発電で永久に電力を確保しようとしています。
青森県の六ヶ所村という地域に
「核燃料再処理施設」が立てられたそうです。
なんのため?
人間が使う電気を生み出したあとの燃料を
キレイに分けてまた使えるようにするということです。
しかし、六ヶ所村でアクティブ運転といって試運転の時点で
近くの海藻類から、以前とくらべて10倍近くの
体によくない物質が検出されているそうです。
(ヨウ素だったかな・・・?)
一部では、1年間分の原発の放射能が
1日で流れているといわれています。
全く問題ないという方もいるようですが、ァタシは疑い深いので
簡単に信用できません。
近くに住んでいたら毎日が恐怖だと思います。

人間が電気を多く使えば使うほど
原子力発電所があちこちにできる可能性があります。
オール電化はエコという考え方がありますが
実はエコではないそうです。
エネルギーをガスと電気に分けることで、
バランスを保つことが環境にはやさしいそうです。。。
以前はオール電化のマンションに住んでいたのですが
そのときはそれがいいことのように思っていました。
(太陽光発電のオール電化ならいいかも!!)
健康面を考えると、やはりコンロだけは
ガスにすることをお勧めしたいと話していました。
電磁波の問題も無視できないほど、小児ガンが増えています。

原子力発電所を増やさないためにも
節電は大事だな~と改めて考えさせられました。
そして、自然エネルギーで作った電力を応援したいです。

ということで、ちょっと長くなりましたが
六ヶ所村で何が起こっているのか、
少しでも伝わったらいいなと思って記事にしてみました。

この本、まだ途中までしか読んでいないのですが・・・
詳しく知りたい方は手に取ってみてください。


参考まで
Wikipediaより→六ヶ所再処理工場


長い文章を読んでくれてありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。